【基本から裏技まで】元プランナー直伝!結婚式費用のおすすめ節約術7選

節約

結婚式の費用を節約したいけど、具体的に何を削ったらいいか分からない…とお悩みの花嫁様も多いですよね。

結婚式の準備ははじめてのことがほとんどなのにどんどん打合せが進んでいくので、分からないのも無理はありません。

そこで結婚式費用を節約したいすべての花嫁様へ、元プランナー目線で打合せ時に知っておきたい結婚式費用の節約術7選をまとめました!

私は自身の結婚式の際にこの7つの節約術を実践し、100万円もの節約に成功しました◎

たとえ一つ一つは大きな金額ではなくても、塵も積もれば山となるので、最終的な見積もりを見て、その効果を実感してもらえたらと思います♪

ぜひチェックしてみてくださいね◎

元プランナー直伝!結婚式費用の節約術7選

それでは早速、元プランナー直伝の打合せ時に知っておきたい、結婚式費用の節約方法をご紹介いたします。

節約術は以下の7つとなります。

  • ウェディングアイテムは「持ち込み」をする
  • 持込料不要の特典がある式場予約サイトを活用する
  • 会場装花は「お任せ」にする
  • 引き出物は「引き出物宅配」にする
  • プチギフトは「エコバック」にする
  • 結婚式の費用は「クレジットカード」で支払う
  • 写真アルバムは購入せずに後日「手作り」する

どれも知っているだけで、簡単に結婚式費用の節約が叶いますよ♪

くー
くー

中には裏技的なものもありますので、詳しく解説していきますね◎

結婚式費用の節約術①:ウェディングアイテムは「持ち込み」をする

結婚式の費用は、「アイテムの持ち込みが自由であればあるほど節約が可能」になるんです!

またそれだけではなく、ふたりが自作したり数ある業者の中からこだわって選んだアイテムを持ち込むことで、オリジナリティ溢れる結婚式を演出できてまさに良いことづくめ◎

そこで特におすすめの持ち込みアイテムをご紹介します。

ペーパーアイテム

招待状、席次表、席札などのペーパーアイテムは、式場で依頼することも可能ですが外注したり自分たちで手作りすることもできます。

最も費用を安く抑えられるのは「手作り」ですが、印刷ミスや人数変更などで結婚式の直前に作業に追われることになるリスクも…。

結婚式ギリギリに慌てるのは嫌だなぁ。

くー
くー

そこで元プランナーのおすすめは「外注」です!

外注ならパソコンやスマホで簡単に作成ができて、印刷までおこない自宅に届けてくれるため時間のない新郎新婦にピッタリ!

もちろん自宅にプリンターがなくても大丈夫です◎

費用面はというと、招待状1セットにつき結婚式場の平均金額が500円のところ、外注だと320円にまで抑えられますのでしっかり節約になります!

外注先の探し方は、「招待状 結婚式 外注」でネット検索するだけです。

たくさんの結婚式のペーパーアイテム専門業者が見つかるので、お気に入りのデザインを探してみてくださいね♪

実際に私はゲスト100名の結婚式で、

招待状・席次表・席札を式場で頼んだ場合129,000円の見積もりでしたが

外注をして49,000円にまで抑えることができました。

差額でなんと80,000円の節約に!

ウェディングドレスなどの衣裳関連

ウェディングドレスも持ち込みすることで大幅に節約することができます◎
ですが一生に一度の結婚式で、自分の納得できないウェディングドレスを選ぶのは気が引けますよね。

そこでそんな花嫁様におすすめの、「おしゃれなウェディングドレスを格安レンタルできるドレスショップ」を以下の記事にまとめましたので、ぜひチェックしてみてください♪

またウェディングドレスだけでなく、新郎の衣裳や列席のモーニング・留袖なども持ち込みをすることで、さらに節約が叶いますよ◎

結婚式ムービー

結婚式の見積もりの中でも、大きく金額アップしやすいのが結婚式ムービーです。

特に「撮って出し」と言われる、当日の挙式の映像をすぐに編集して流すエンドロールは高額になりやすく、それだけで20万円以上することも!

そんな結婚式ムービーも、外注したり自分たちで手作りすることで節約ができます。

くー
くー

こちらもペーパーアイテムと同じく

元プランナーとしては圧倒的に「外注」がおすすめ◎

理由は、結婚式ムービーを自分で作る手間が省け時間の節約になりますし、なにより高クオリティの結婚式ムービーが出来上がるからです

以下の記事で、結婚式ムービーは「外注」がおすすめの理由をまとめておりますのでぜひチェックを!


くー
くー

私もプロフィールムービーとエンドロールムービーを外注しました!

式場提携の業者に依頼した場合と比べて、約11万円も節約することができましたよ◎

可能であれば カメラマン・司会者も「持ち込み」を検討

これは少し裏技的な方法なのですが、結婚式場で依頼するのが当たり前のように思われている「カメラマン」や「司会者」も、実は持ち込みできる場合があるんです。

私自身結婚式の際には、フリーで活動しているカメラマンさん&司会者さんに依頼をして、以下の金額を節約することができました!

  • 司会者 式場価格:97,000円⇒64,000円
  • 写真カメラマン 式場価格:129,600円⇒103,680円
  • ビデオカメラマン 式場価格:172,800円⇒100,000円
  • 二次会撮影 式場価格:80,000円⇒40,000円

こんなに節約になるの!?

くー
くー

結婚式場に支払うマージン分がカットされることもあって、

実はカメラマンや司会者を持ち込みすることによる節約効果はとっても大きいんだよ!

ただカメラマンや司会者の持ち込みは、結婚式当日の進行に関わることから「持ち込みNG」か「高額の持ち込み料が発生する」ことが多いです。

そのため、そもそも「持ち込みが可能であること」と「持ち込み料がかからないこと」、この2点の事前の確認が必須です

結婚式場にはどうやって聞いたらいいの?

くー
くー

知り合いのカメラマンさん・司会者さんがいて

持ち込みをしたいということを

できれば「契約前」に相談してみるのがおすすめ!

もちろん直接の知り合いでカメラマンや司会者の方がいたらいいのですが、フリーのカメラマンさん&司会者さんは、インスタグラムやネット検索でも探すことができますよ◎

結婚式費用の節約術②:持込料不要の特典がある式場予約サイトを活用する

以上でご紹介したアイテムを持ち込んで結婚式費用を節約するためには、持ち込み料を無料にすることが必須条件です。

持ち込み料を簡単に無料にするためには、結婚式場探しの段階で「持ち込み料無料」の特典がある式場予約サイトを利用することをおすすめします◎

結婚式場探しの段階から準備が必要なんだね!

くー
くー

そうなの。

式場契約後に持ち込み料を無料にすることは難しいけど、

式場探しの段階ならサイトを通して契約をするだけで

なんの交渉も必要なく持ち込み料を無料にすることができるよ!

持ち込み料無料の特典がある予約サイトは、以下の記事で紹介しています◎

結婚式費用の節約術③:会場装花は「お任せ」にする

結婚式の打合せ項目の中でも、「想像していたより高額になって驚いた!」という声が多いのが会場装花です。

ブライダルフェアで見たような会場装花を選ぶと、1テーブル〇万円なんてことも良くあること。

そこで会場装花の節約方法として、以下のようにフローリストさんにお伝えすることをおすすめします!

「1卓〇〇円でお願いしたいです。」
「雰囲気はこんな感じ(写真を見せたり、カラーを伝える)で花材はお任せします。」
「寂しくならないようにボリューム感を出したいです。」

伝えることはこれだけです(笑)

もし使用したい花材がある場合にはもちろん具体的に伝えたほうが良いのですが、季節によって入荷が難しいお花もあるので、費用が上がってしまう原因になりかねません。

それならば「予算とイメージだけ伝えてお任せ」した方が、結果的に満足度の高い会場装花になります。

くー
くー

写真を提出しておけば、イメージと真逆になることもないし、

予算内でお願いすれば、勝手に金額が上がることもないからね!

なるほどね!

でも装花の予算感ってよく分からないなぁ…。

実際に私もいくらぐらいでお願いしたらいいのかが分からなかったので、以下のように打合せを行いました。

1回目の装花の打合せ】イメージを伝えて見積もりを出してもらう

その他の打合せを進める

見積もりを見て予算オーバーが発覚!2回目の装花の打合せを依頼

【2回目の装花の打合せ1卓をいくらにしたいか決めてその予算内だとどのくらいのボリュームになるのかを確認

注文完了!

2回目の打合せを依頼するのもアリなんだ!

くー
くー

もちろん!

「予算オーバーしちゃって削らないとなんですー💦」と素直に伝えたら

親身になって相談に乗ってくれるはずだよ◎

結果として、お花のプロであるフローリストさんにお任せしたことでバランスの良い会場装花になった&予算内におさまり大満足でした♪

結婚式費用の節約術④:引き出物は「引き出物宅配」にする

最近ではゲストの自宅に直接引き出物を郵送する「引き出物宅配サービス」が定番になりつつあります。

引き出物宅配には、従来の引き出物にはない魅力がたくさんあります!

《金額面での嬉しいポイント》

  • 引き出物の持ち込み料がかからない
  • 引き出物用の紙袋代が節約できる
  • サイトによって割引がある
くー
くー

安いだけじゃなく、引き出物宅配には以下のようなメリットも!

引き出物宅配の3つのメリット

  • 結婚式当日荷物にならない
  • ゲストごとに贈り分けがしやすい
  • コロナ対策としても人気!

新郎新婦とゲストの双方にとって嬉しいサービスである引き出物宅配は、今後ますます結婚式の引き出物の常識になっていくはず◎

引き出物宅配のおすすめサイトランキングは以下の記事よりチェックしてみてくださいね♪

結婚式費用の節約術⑤:プチギフトを「エコバック」にする

引き出物を引き出物宅配にした場合、席次表や席札などを入れて持ち帰るための紙袋が必要になります。

くー
くー

引き出物があると思って小さなバッグしか持ってきていなかったり、

男性だとそもそもご祝儀しか持ってきてないという方もいますよね。

そこでおすすめなのが、披露宴後に配るプチギフトを「エコバック」にして、それに入れて持ち帰ってもらうというアイデア!

枚数にもよりますがプチギフトと大差ない金額で注文ができ、持ち帰り用の小さな紙袋を用意する必要もないので、まさに一石二鳥なんです◎

さらにデザインも新郎新婦で決めることができるので、記念品としてもおすすめです。シンプルなデザインにすれば、結婚式後に日常使いしてもらえることも♪

私はこちらのサイトでオリジナルトートバッグを注文しました!

トートバッグ工房

だいたいいくらくらいで作れるの?

くー
くー

100枚注文して1枚250円くらいでした!

とってもシンプルなデザインにしたので

「のちのちもエコバッグとして使える!」と好評だったよ♪

結婚式費用の節約術⑥:結婚式の費用はできるだけ「クレジットカード」で支払う

人生の中の大きな買い物の一つである「結婚式」。

大金であればあるほど現金で払うのはもったいないです!

結婚式の費用を「クレジットカード払い」ができる式場であれば、必ずそれを選択してクレカのポイントをゲットしましょう◎

クレジットカード払いができない式場だったらどうしたらいいの?

くー
くー

ペーパーアイテムや結婚式ムービー、引き出物宅配などの外注先で

クレジットカード決済ができないか確認してみて◎

それだけでも、なかなかの大金になるはずだよ!

ちなみに結婚式の決済に使用するクレジットカードは、ふたりそれぞれ持つのではなく、1枚にまとめるのがおすすめです。

1枚にすることでポイントが貯まりやすくなり、現金化して新居で使えるものを購入したり、マイルに交換して新婚旅行費にあてたりすることもできますよ!

おすすめのクレジットカードはある?

私はわざわざ新規発行したりはせずに

大学時代からのクレジットカードを使ったよ!

でも、なかなか使い勝手が良かったので紹介するね◎

年会費無料のエポスカードが使い勝手が良くおすすめ!

エポスカードは通常還元率0.5%(ご利用金額200円につき1ポイント)と一見普通のクレジットカードなんですが、ゴールドカードの特典がとても良いんです!

ゴールドカードになるには、通常カードを発行し日常使いをしていると、ある日突然インビテーションカードが送られてきて、ゴールドへのランクアップを無料で提案してくれます◎

くー
くー

私もお金のない大学時代に突然インビテーションカードが送られてきたので、

恐らくある程度愛用すれば、皆さん送られてくると思います(笑)

エポスカードがおすすめの理由

  • ゴールドカードでも年会費無料!
  • 年間ご利用額に応じてボーナスポイントがもらえる
  • 「選べるポイントアップショップ」でもらえるポイントが3倍になる
  • ポイントの交換先が豊富

ゴールドカードでも年会費無料

ゴールドカードが持てて、年会費無料はありがたいですよね◎

さらに空港ラウンジも無料で利用可能という嬉しい特典も付いてきます!

年間ご利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

年間ご利用額50万円で2,500ポイント、100万円で10,000ポイントのボーナスポイントがもらえます。

結婚式のある年は余裕でクリアできそうですね♪

「選べるポイントアップショップ」でもらえるポイントが3倍になる

ゴールドカードになると「選べるポイントアップショップ」でもらえるポイントが3倍になります。

ショップは3つまで選べて、コンビニやスーパー、モバイルスイカや公共料金なども選択できますよ!

ポイントの交換先が豊富

貯まったポイントはマルイでのショッピング時に、1ポイント=1円で使用できます。

また、商品券や各種ポイント、ANAやJALのマイルにも交換も可能です◎

結婚式で貯まったポイントが

新婚旅行の飛行機代になったら最高ですよね♪

結婚式費用の節約術⑦:写真アルバムは購入せずに「手作り」する

結婚式当日の写真撮影を式場で注文すると、「カメラマンの撮影費用」と「アルバム」がセットになっていることがほとんどです。

でも実はお願いすれば、写真データのみの購入ができるんです!

くー
くー

「カメラマンの撮影費用」のみ注文するイメージですね◎

データさえあればアルバムは後日簡単に手作りできるので、式場の高いアルバムを購入するよりも間違いなく節約になります。

どのくらい節約になるの?

くー
くー

式場で頼むアルバムは20万〜30万円が相場だけど

ネットサービスなら1冊約1万円前後で作ることができるよ!

最近では以下のような高品質のアルバムがネットで簡単に作れるサービスがたくさんありますので、ぜひ活用してみてくださいね◎

銀塩式プリントの高級フォトアルバムなら『フジフォトアルバム』

長年の実績を持つフジフォトアルバムは、結婚式の思い出をドラマチックかつ高級感のあるフォトアルバムに仕上げてくれます。式場のアルバムとも大差ない印象です。

MUJIBOOKS(無印良品)推奨のフォトブック『BON』

無印良品のMUJIBOOKSが推奨するオーダーブック・サービスです。
ギフトにもなる上製本が1冊から作ることができます。おしゃれなアルバムを作りたい方におすすめ!

今まで出せなかった6+1でワンランク上の仕上り『パーフェクトフォト』

「6色+1コーティング」で、ツヤ、質感、強度、光沢、色彩を最大限に表現したワンランク上の高品質な仕上がりを実現したアルバム。長く残すのに最適な1冊が作れます。

おしゃれで上質なフォトブック作成サービス『Photoback』

7種類のアルバムからお好きなデザイン・サイズをチョイスできます。両家の両親にプレゼントとして作るのもいいですね◎

ちなみにカメラマンも頼まないで友人に撮ってもらったら

さらに節約になるんじゃない?

くー
くー

うーん…。それはおすすめできないなぁ。

やっぱりプロが撮る写真は全然仕上がりが違うからね!

一生に一度の結婚式。テーブルフォトや集合写真のように静止している写真だけでなく、ワンシーンワンシーンを切り取ったような感動的な1枚も残したいですよね。

そういった場面をしっかり写真に残してくれるのが、プロのカメラマンです。

そのため、撮影はプロのカメラマンに依頼をし、データのみを購入して節約するのを強くおすすめいたします。

【まとめ】結婚式費用は賢く節約しよう!

打合せ時に知っておきたい、結婚式費用の節約術7選をご紹介いたしました。

基本から裏技まで、元プランナーだからこそ伝えられる節約術もあったかと思うのですが、いかがでしたでしょうか。

結婚式費用はちょっとした工夫で節約ができます。たとえ一つ一つは大きな金額ではなくても、塵も積もれば山となるので最終的にその効果を実感してもらえたらと嬉しいです♪

結婚式費用を賢く節約して、理想の結婚式を叶えてくださいね◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました