【序章】世界の結婚式を巡って世界一周した話

世界の結婚式を巡る旅
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今から5年前、まだコロナなんか流行っていなかった2017年28歳のときに、私は『世界の結婚式を巡る旅』に出ました。

新卒でブライダルの会社に就職。披露宴を担当するプランナーを目指して約4年間ドレススタイリストや介添えとして働き、そしていざ目標としていた披露宴のプランナーになれた!…と思ったら、今度は目の前に違う夢が見えてきたのです。

それが、「世界の結婚式をこの目で見てみたい」でした。

なぜそんな夢がでてきたのか。その理由はしっかり自覚していて、私は披露宴のプランナーになることを目標にしているときから、Instagramやピンタレストで海外ウェディングの写真を見るのが大好きでした。

もちろん結婚式に関する映画もたくさん見たし、ウェディング雑誌も毎月チェックしたりして、とにかく海外の結婚式のファンだったんです。

だから、日本にいたら写真や画面の中だけでしか見られない「海外ウェディング」の世界を、実際にこの目で見てみたいと思うのは自然なことでした。ファンが実際に会ってみたくて、アーティストのライブに足を運ぶのと同じような心境です。

でもまぁ、私は普通に日本のブライダル企業で働くいちプランナーでしたので、海外に結婚式を勉強しにいくような度胸も気力もなかったし、そもそも英語も話せなかったのでただの夢物語でした。

「いつか海外に行って結婚式を見てみたいけど…まぁそんなことする人いないよなぁ。」

実際に動き出すきっかけになったのは、働いていた会社がハワイにチャペルをオープンすることになり、介添えとして日本からヘルプに行ったことでした。

初めての単身海外出張。期間は2週間。

まず空港での手続きもひとり。もちろん飛行機の中もひとり(現地のマニュアルを読んで勉強する真面目な社員でした)。

着いて早々難関にぶつかりました。空港からチャペルまではひとりでタクシーで来てくださいとのこと。英語が話せないのにどうやって行き先を伝える?お金はどうやって払うの?すべてが初めてのチャレンジでした。

チャペルで働いている人はほとんどが日本人だったので仕事は普通にこなせたのですが、みんなシフトがずれているので休みの日は基本一人行動。

さて何をしようかな?と考えたときに、「ハワイの教会を巡ってみたら結婚式が見れるかも?」と思いつきました。

ネットはホテルでしか繋がらないので、Googleマップには頼れない。事前に行き方を調べてメモしたものを片手にバスや徒歩で向かうのは、私にとってはちょっとした冒険。到着したときや偶然にも教会で花嫁さんを見れたときの達成感はたまらなかったです。

そしてハワイ滞在、最後の休みの日。できれば、海外ならではの結婚式会場が見たいなと思い、邸宅ウェディングができる場所に行ってみることに。

バスを乗り継がないと行けないような、なかなか遠いところにあったのですが、なんとか辿りつくことができました。外から見るだけ…と思っていたのですが、どうしても中が見てみたくて、インターホンを押して出てきてくれたおばあさんにつたない英語で「私は日本から来たウェディングプランナーです。中を見学したいです!」と伝えたところ、なんと奇跡的に見せてもらえることに。

その邸宅は結婚式用に貸し出しはしていますが、実際におばあちゃんとその家族が住んでいるのだそう。色々なお部屋を丁寧に案内していただき、最後にお礼を伝えて、これからバスで帰りますと伝えると、気を付けてね~など色々言ってくれて(ほとんど聞き取れなかった)最後に一言。

「You are brave!」

と素敵な笑顔で言ってくれました。

そのときのなんとも言えないじーんとした感覚。そして帰りの飛行機の中でひとり決意を固めました。

「世界の結婚式を実際に見に行こう。」

そこから私の世界の結婚式を巡る旅がスタートしたのです。

自己紹介は良かったらこちらをチェックしてみてくださいね◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました